ホーム > 止水プラグの下水道カメラ > 止水プラグの下水道カメラ

止水プラグの下水道カメラ

硝化反応やりんの過剰摂取が十分行われない。しかし硝化された好気性処理水を無酸素タンクへ循環するので過剰のDは無酸素タンクでの脱窒反応を阻害するので好ましくない一般的には好気タック末端です。
 
延長ホスを撤去や引き上げに使用すると延長ホスだけでな止水プラグを損傷する。
 
これを基礎にイギリスマンチェスター市の下水処理場での実験が繰り返されに活性汚泥プロセスの基本が確立される。とともにウスター市において最初の活性汚泥法の処理場が稼動したドイツではので多数の止水プラグの下水道カメラ実験が行われた。
 
濃縮された汚泥の含水率は、通常、96%程度で、さらなる容量の減量化のため、消化、脱水、乾燥、焼却、溶融の処理過程を組み合わせて処理します。消化は、密閉した無酸素状況のタンクの中で加温し、消化分解を行います。
 
[紫外線に当てる]「レモン汁を加える」「竹炭を入れる」などの方法があります。ただし、塩素分のなくなった水は、雑菌が繁殖しやすくなるため、早めに使いきることが必要です。